水しぶき

木材の防湿対策にはフッ素コーティングが有効

大型機械

建築現場で屋外に木材が大量に置かれていたり、建築中の家が雨のなかブルーシートをかけただけの状態であるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。木材は雨水などの湿気が原因でカビや腐食が起こったりする可能性があります。また、水分を吸うことで木材のサイズが変わってしまうといった問題もあります。そのため、このような問題を回避するために、建築現場では木材の湿気対策が非常に重要となってきます。近年は、フッ素コーティングによる湿気対策がよく行われています。フッ素には防湿性があるので、建築現場で使用する木材にフッ素コーティングをしておけば、湿気によるカビの発生や腐食を予防することができます。また、防湿だけでなく、撥水・防汚効果もあるので、雨や泥などによる汚れを防止することもできます。乾燥した状態の木材の表面にフッ素を塗ると、表面の凹凸にまでフッ素が入り込み木材を被膜で保護してくれます。このようなフッ素コーティングを施した木材であれば水洗いしても問題ありません。完成した建築物の外壁や屋根にフッ素コーティングを施すことで建築物の耐久性をあげる効果も期待できます。屋外で雨ざらしになる可能性のあるウッドデッキなどにもフッ素コーティングで防湿対策しておくことが有効です。

  • 工場

    スマホの防湿や指紋付着を防ぐのに役立つフッ素コーティング

    スマホの普及によって、モバイルでのコミュニケーションレベルは格段に向上しましたが、スマホも精密機器のため、故障や不具合を防ぐために普段…

    もっと読む

  • 水滴とスマホ

    スポーツウェアは撥水・防湿効果があるフッ素コーティング済のものを

    スポーツウェアの中には、特殊な用途ゆえに一般の衣服ほど量産されておらず、価格が高いものが沢山あります。そのようなスポーツウェアが、湿気…

    もっと読む

  • 光学レンズ

    幅広い製品に防湿性を付与しているフッ素コーティング

    フッ素コーティング加工を施した製品は、主として、他のものを表面にくっつけない非粘着性と呼ばれる特性を持つことでよく知られています。典型…

    もっと読む

  • 大型機械

    木材の防湿対策にはフッ素コーティングが有効

    建築現場で屋外に木材が大量に置かれていたり、建築中の家が雨のなかブルーシートをかけただけの状態であるのを見たことがある人も多いのではな…

    もっと読む